マンション建設現場の地下掘削で大量の地下水が流出しています。周辺への異常、影響は?

地形・地質、地下水および揚水状況等の現況を全て詳細に把握しない限り、正確な回答は難しいと思います。ここでは類似工事において一般的に問題となる事項についてご回答します。
まず、建設中の揚水は、建設の進捗に伴い地下構造物ができあがってくれば、地下水のくみ上げを止めるものと思われます。長い年月から考えると一時的なものといえるでしょう。
しかし一時的とは言え、大規模なマンション建設で地下水を多量にくみ上げることにより、周辺の地下水位が大幅に低下し、マンション建設地周辺で井戸水を利用されている方がおられる場合には、井戸内(民家で使用されている場合は浅井戸が多い)の水位が低下するため、井戸水量が減ったり、極端な場合には「井戸枯れ」と言って井戸水がまったく利用できなくなることがあります。これは、地下水流の関係から、マンション建設現場下流に位置する井戸には特に顕著になります。地下水のくみ上げによる影響を受けやすい井戸かどうかについては、マンション建設に伴い地下水をくみ上げている地層と周辺の井戸深さがわかればその因果関係が明確になると思われます。
近年では環境に対する問題意識が高く、事前に地質や地下水調査等を行った上で、施工時において周辺への影響を可能な限り低減する工法が採用されています。また、調査結果を基に地下水のくみ上げによる周辺環境への影響予測を行い、大きな影響が生じるような場合には対策工を講じて影響を低減しているものと思われます。
心配されているような兆候が何か周辺地盤や構造物等に少しでも生じている様ならば、地元自治会(個人でも良いと思いますが、できるだけ自治会を通されるのが良いと思います)などを通して、工事関係者(現場管理者)にご相談すれば誠実に対応して頂けると思います。

 

【関連ある質問】

大規模施設での1日1000tの地下水利用が悪い影響を及ぼしませんか? 相談先を教えて下さい。

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ