井戸水が臭うため水質検査をしたが硫化物は検出されず、他も異常なし。原因は何でしょうか?

通常の化学分析による硫黄成分(硫化物)の測定は、1リットル当たり0.1mg程度が測定限界です。0.1mg/L未満、あるいは不検出、という結果が出ても、人間の嗅覚は敏感であり、硫黄成分の臭いを感じることがあります。井戸水の臭気の原因は、一般に硫黄成分の可能性が高いと思われますが、複雑な要因が絡み合い、また表現の仕方も人によって異なります。水道法では、異気に「異常あり」は水質基準に適合しません。たとえ、異臭の原因物質が人体に悪影響を与えない物質であっても、用心をして飲用は避けるべきです。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ