鉄やマンガンの成分に変化がないのに色度が1~2オーダー上昇する原因は何ですか?

鉄、マンガンを含んだ水は見た目で無色透明であっても、放置しておくと時間の経過と共に空気が溶け込んで褐色を帯びるようになります。これは、還元状態にあった鉄やマンガンが酸化されて不溶性の鉄やマンガンに変化したために起こる現象です。鉄やマンガンの含有量が多い場合には、一晩置いておくと、容器の底に沈澱が生ずることも珍しくありません。水道分野では赤水、黒水という言葉がありますが、赤水は鉄による褐色の濁り、黒水はマンガンによる黒褐色の濁りをいいます。鉄が含まれていると色度だけではなく、味が悪くなります(金気味)。

 

 

【関連ある質問】

マンガン、鉄はそれぞれどのような地層・岩種の地域に多く含まれていますか?

井戸水に含まれる鉄やマンガンを除去する「カナケ抜き」という方法について教えて下さい。

水質検査で鉄・マンガン・フッ素が基準値を超えると飲めないのか?飲んだ時の体への影響は?

鉄分濃度とマンガン濃度には関連性はありますか?

サビで茶色になる原因が、地下水自身か、それともパイプ等の設備要因なのか判断する方法は?

揚水した地下水のサビ汚れを防止する方法は? 例えば、配管を塩ビに変更して防げますか?

サビの発生は季節(温度)によって違いがありますか?

鉄やマンガンの成分に変化がないのに色度が1~2オーダー上昇する原因は何ですか?

もともと透明だった浅井戸の地下水が急に濁りました。どのような理由が考えられますか?

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ