地下水ってどれ位あるの?

地球上には海水、氷河、地下水、河川水等があります。地球上の水を、大きく「海水」と「淡水」の2つに分けると、その割合は約97.5%と約2.5です。圧倒的に海水が多いのです。地下水は淡水のうち約30%を占め、1100万km3、地球上に存在する水全体のうちの約0.75%とされています。なお淡水のうち地下水以外の約7割は氷河などで、河川や湖沼の水は地球上に存在する水全体のうち、たった0.01%にすぎません。

 

 

【関連ある質問】

地下水は地下何mまで存在していますか?

日本で地下水の多い地域はどこか?

地下水は、どこの地域にも、あるいは島嶼、どのような小さな島にも必ずあるものですか?

地下水は、どうして存在しているのか? 地中から沸いてくるのか?

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ