地下水位の季節変動(短期)、経年変化(長期)はどの程度のものですか?

地下水位の季節変動、経年変化は地域性が極めて大きく、対象とする地域の既存の観測データを入手するしか方法はないと思います。場合によってはモニタリング井戸を設置して観測を行う方法も考えられますが、時間と経費の点で困難です。ただ、一般的には不圧地下水は降水量の影響を受けやすく、被圧地下水は受けにくいと言われています。このため、水位等の観測データの入手とあわせて、掘削ボーリング資料も収集して地下水の賦存状況など地下環境を調べることも重要です。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ