「地下水障害」ってなぁに?

昭和20~30年代以降、深井戸掘削技術、地下水揚水技術の発展とともに盛んに利用されるようになり、わが国の高度経済成長を支えてきました。しかし、都市域への人口の集中、産業の進展等に伴う過剰な地下水の揚水により、湧水の枯渇、地下水位低下、塩水化、さらには地盤沈下等の地下水障害、最近では工場・事業所等での有害化学物質等の地下浸透による土壌や地下水の汚染等により、地下水をめぐる諸状況は危機に直面しており、市民生活や生産活動に大きな不安を及ぼしつつあります。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ