水質検査で大腸菌が基準以上の地下水をお風呂や水洗トイレ等で使用すると問題ありますか?

水道水や個人井戸の水質検査項目の「一般細菌」は、決められた方法で培養して増殖した細菌類のことで、特定の細菌を指す言葉ではありません。ほとんどが健康に害のない自然界に存在する細菌ですが、「一般細菌」が検出されると、病原性の細菌が含まれる可能性が高くなるため、「一般細菌」を飲用水の汚染の指標として用います。2012年の時点で水道法では、100個以下と定められています。大腸菌が検出されていなくても、口に入る可能性のある水としては使用を控えて、トイレ、洗濯、洗車、園芸などに限定して使用されてはどうでしょうか。ちなみに活性炭濾過器は細菌類を吸着しますが、特に室内に設置したり、戸外でも夏季には逆に細菌類の増殖の温床になります。これを防ぐためには、定期的な活性炭フィルターの交換が大切です。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ