井戸水に水質検査の義務はありますか?

日本には水道法という法律があり、水道水はその第22条で消毒することが規定されています(2012年9月時点)。水道水以外の飲用水は法律が適用されないので、水質検査の義務はありません。「自己責任で飲んで下さい。お腹が痛くなることがあるかもしてません。もし心配なら保健所で水質検査を受けて下さい。」、ということになります。水道水でない自家井戸を、喫茶店などで不特定多数の人に提供する場合は、水道水ではないので水質検査を受ける義務はありませんが、保健所などが水質検査を受けることを指導しています。厚労省は国民の健康を守る立場から、自家用井戸についても衛生対策として水質検査を自主的に受けることを勧めており、住民に対する直接の指導は保健所等が行っています。

 

【関連ある質問】

水質検査で大腸菌が基準以上の地下水をお風呂や水洗トイレ等で使用すると問題ありますか?

一般細菌の水質検査が水道法水質基準(100/ml)より大幅に高い井戸水は使用できますか?

井戸水で洗濯しようと思います。水質検査での色度はいくつまでであれば可能ですか?

水質検査では50にも及ぶ検査項目がありますが、最低限どの程度の項目が必要ですか?

国内の地下水質検査はどのように行われているのですか?

水質検査にかかる費用はどれくらいですか?

地下水の硫黄臭が強いです。水質検査ではどういう項目を行えば良いですか?

掘削した井戸の水質検査で不適の項目が出た場合、どの様な利用方法が可能ですか?

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ