カネケを感じない地下水の水質分析結果は鉄分1㎎/L以上、色度15度でした。飲用できますか?

水道法に基づく水質基準(2012年9月時点)では、鉄は0.3mg/L、色度は5度です。これと比較すると、鉄は3倍以上、色度は3倍の基準超過です。色度が高いのは鉄濃度が高いことに関連していると思います。ガラスのコップに入れて、上から覗くと着色が確認できると思います。この基準に照らすと「飲用不適」になります。
鉄はいわゆる有害物質ではありませんが、濃度が高いと異臭味の原因となり、洗濯等では着色の原因になります。また、ポンプや温熱機器に付着して故障の原因になる場合があります。金気味を感じないと言うことですが、何度も口にして味に慣れたのではないでしょうか?水質検査では異味はなかったでしょうか? 基本的には飲用には不向きなので、雑用水に限定して使用することをお勧めします。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ