井戸水で洗濯しようと思います。水質検査での色度はいくつまでであれば可能ですか?

水道法の色度の基準値は5度です。この基準値は、コップや白い陶器に注いだ水に色が着いて見えたり、洗濯に使用すると、知らず知らずのうちに白いシャツが着色する可能性がある「ぎりぎり」の基準であることを意味します。飲用による健康影響を想定した数値ではありません。
色度の原因は、大きく2つあります。
1つは、水に鉄分が含まれているためであり、濁りを伴ったり、金気味、場合によっては金気臭がすることもあります。もう1つは、フミン質による着色です。いずれも飲む人に不快感を与えたり、洗濯物や洗面器具などを汚くします。
以上のように、色度5度以上では、日常洗濯に使用していると、白いシャツやタオルが着色する可能性があります。

 

【関連ある質問】

水質検査で大腸菌が基準以上の地下水をお風呂や水洗トイレ等で使用すると問題ありますか?

井戸水に水質検査の義務はありますか?

一般細菌の水質検査が水道法水質基準(100/ml)より大幅に高い井戸水は使用できますか?

水質検査では50にも及ぶ検査項目がありますが、最低限どの程度の項目が必要ですか?

国内の地下水質検査はどのように行われているのですか?

水質検査にかかる費用はどれくらいですか?

地下水の硫黄臭が強いです。水質検査ではどういう項目を行えば良いですか?

掘削した井戸の水質検査で不適の項目が出た場合、どの様な利用方法が可能ですか?

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ