井戸ってなぁに?

井戸は地下水を得るための地中にあけた穴と考えてよいでしょう。昔は直径1メートル程度あり、桶などを使って水を汲んでいましたが、近年ではポンプを使って地下水を汲み上げるため、直径が数センチメートルという小さなものが多く見られます。
浅井戸は、第一難透水層より浅い帯水層に存在する地下水(自由地下水とも呼ばれます)を取水する井戸。深井戸は、第一難透水層より深い帯水層に存在する地下水(被圧地下水とも呼ばれます)を取水するための井戸のことです。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ