還元性粘土層から浸み出す地下水の表面に油の様なものが浮いています。これは一体何ですか?

油膜状の物質は繁殖した鉄バクテリアです。還元状態の湧水に含まれている鉄は、可溶性のため湧水は無色透明ですが、地上に湧出して空気に触れると、鉄バクテリアによって酸化されて褐色の不溶性の鉄(繁殖した鉄バクテリア)に変化します。鉄バクテリアは、土壌細菌の一種で、環境中ではどこにでも存在している細菌です。繁殖した鉄バクテリアは、水の動きがほとんどない溜まり水状態では、水面に油のような膜を張った状態になることがあり、「ギラ」、「キラ」と呼ばれることもあります。もちろん、油ではありませんので油臭はしません。人畜無害な物質ですが、外観上はよくありません。

 

 

>>よくある質問(FAQ)に戻る

ページTOPへ