京都大学 大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻(准教授)の公募

 京都大学 大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻(准教授)の公募案内をお知らせします。

【公募】京都大学 大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻[准教授:1名]
 (応募期限:2020/5/1 必着,着任時期:2020/8/1[または,それ以降できるだけ早い時期])

●勤務場所:
 京都大学 大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 資源工学講座  応用地球物理学分野
 (住所:京都市西京区京都大学桂)

●職務内容:
 ・資源工学講座 応用地球物理学分野,同分野の所属する社会基盤工学専攻に加え,都市社会工学専攻および工学部
  地球工学科の教育・研究と運営に係わる業務
 ・同分野に配属された学部学生,修士および博士学生の研究指導のほか,工学研究科・工学部地球工学科に係る一般
  教育講義や専門講義科目,実験科目,演習科目などを担当

●募集分野:
 応用地球物理学分野では,資源胚胎の場である地殻内部の高精度可視化に加え,資源生成や開発に係る現象の地球科学的・工学的な理解深化を目指している。そのため,数値シミュレーション手法を用い,地殻内部の鉱物・エネルギー・水資源の地球科学的手法による探査手法の開発,地殻内流体の移動や地下媒質の物理学的性質や温度・圧力の 時間変化などを解明する手法の開発,水圧破砕や水圧破砕に伴う地下の状態変化予測などに関する研究を行っている。
 応募者には,上記研 究内容に必要な地球科学,地球物理学(特に地震学,電磁気学,測地学),岩石力学などの基礎科学理論に加え,地震波・電磁波双方の波動場計算や貯留層内部の複雑な流体資源流動特性を扱う固液連成解析など様々な数値シミュレーション手法,そして地震探査や電磁気学探査双方のフィールド調査経験が求められる。また,上述の分野において優れた研究業績と教育経験を有し,着任後も資源工学の学術的発展に貢献できる人物であることが望ましい。

 詳細は以下をご覧下さい。
(和文)http://tansa.kumst.kyoto-u.ac.jp/AssocProfOpportunity200313_J.pdf
(英文)http://tansa.kumst.kyoto-u.ac.jp/AssocProfOpportunity200313_E.pdf

 ※京都大学工学部・大学院 学研究科
 社会基盤工学専攻
 都市社会工学専攻
 工学部地球工学科

 

ページTOPへ