「現場透水試験法の海外技術の普及活動」研究グループ 参加者募集

 

(会告)「現場透水試験法の海外技術の普及活動」研究グループ 参加者募集

調査・研究委員会

 会告pdf >> こちら 

 単孔式と呼ばれる現場透水試験法は我が国のみならず海外においても広く普及した技術であり,地盤工学会基準にも採用されている。
 しかし,この技術の初出は1950年台初頭であり,その後多くの研究者によって新たな開発を含め改良がなされているものの,実務現場ではほぼ旧来の試験仕様を活用しているのが実態である。
 そこで,1996年に初版,2020年に改定した第二版を出版された以下の書籍の翻訳を研究グループの主たる活動として計画した。

  Butler著:The Design, Performance, and Analysis of Slug Tests,2nd Ed (CRC Press、2020)
     ISB#(978-1-4665-9590-3)

● 研究グループ:
   発起人:内田秀樹[川崎地質(株)]、中島誠[国際航業(株)]、西垣誠[岡山大学名誉教授]

● 活動スケジュールの概要:
   初年度:翻訳活動、訳本出版社との交渉(版権取得含む)
   二年度:翻訳内容のブラッシュアップ
   三年度:翻訳内容のブラッシュアップ継続、講習会など喧伝活動準備
    但し、版権獲得および出版に当たって出版社との折り合いつかない場合は出版せず,活動成果は技術研究資料
   としてまとめ,技術講習会に資するものとする。

● 研究G開催計画:
   活動期間:令和2年10月から令和5年3月
   翻訳活動は委員各位で個々実施とし,研究G開催時に議論を持つ場とする。
   研究G開催頻度:年4回程度(主として東京)
   交通費:原則無支給(要相談)

● 参加要件:
   地下水学会員あるいは法人会員機関所属であること(未加入の場合は入会を確約)
   当該書籍を購入すること(電子書籍版も可、複数人参加の所属では購入1冊可)
   当該テーマに興味があること(関連する研究実績は問わない)
   心身共に若手と自負できること(自身の判断による)

● 募集締切期限:
   令和2年9月末

● 応募および内容問い合わせ先:
   研究G 事務担当:進士喜英:川崎地質(株)西日本支社(駐在)
   shinshiy@kge.co.jp

   応募にあたっては、以下の要件をご連絡ください
    ① 氏名
    ② よみがな
    ③ 所属
    ④ 会員種別・番号
    ⑤ メールアドレス
    ⑥ 電話/FAX番号
    ⑦ 住所

以上

【参考】
 The Design, Performance, and Analysis of Slug Tests
   https://www.taylorfrancis.com/books/9780367815509

 

 

ページTOPへ